2019年5月の俳句

兼題に「令和」に関することと出ました。そこで2句。

気淑くしてローブ・デコルテ初夏光る  (きよくして ろーぶ・でこるて しょかひかる)

花は葉に皇居の堀に影広ぐ  (はなははに こうきょのほりに かげひろぐ)

即位の礼参賀にはテレビで皇居が映し出されました。それで花は葉にの句。
即位後朝見の儀での雅子妃やその他の皇族方のローブ・デコルテは美しかったです。なんでもローブ・デコルテの中でも最高の正装は白だそうです。「気淑く」は令和のもととなる万葉集からいただきました。
季語:花は葉に。初夏。


虹鱒の釣果を問ゐし宿の客  (にじますの つりかをといし やどのきゃく)

群馬県片品村の丸沼の釣りの解禁は4月下旬。それに合わせて丸沼を管理する環湖荘のスタッフはまだ張っていた氷を割るのに大変だったそうです。解禁と同時に釣り客は成果を競います。泊まるだけの客はそこは暢気なものですが、差し障りのない聞き方で。季語:虹鱒。


5/11には日比谷公園で吟行でした。私、東京に住んで30年ほどになりますが日比谷公園には行ったことがなかったのです。集合時間より早めに着いて散策し、一人吟行しましたが、、、、だからといって良い句ができるとは限りませんね。自分の力の限界を知る今日このごろです。

万緑を抜け来し風や心字池  (ばんりょくを ぬけきしかぜや しんじいけ)

広場を囲むようにベンチがあって日が燦々と照り、この日は夏日でそんなベンチに座ってられません。やっと木陰になる心字池のベンチで休憩。公園には大木が茂りそこを通ってきた風は清々しい。季語:万緑。


f:id:nikkokisuge:20190521140556j:plain:left

茂る葉に泰山木の花近し
しげるはに たいさんぼくの はなちかし)

心字池のそばには泰山木の木がありました。この時はまだ咲いておりませんでしたが蕾はいっぱいでした。
季語:泰山木の花






  

これも終活でしょうか

自動運転免許証の更新を迎えることになるのですが、この更新から高齢者の講習を受講する必要があります。へっ、そんな歳になったでございます。
ペーパードライバーになって5年経ちます。普段歩くのを旨としているので公共交通手段を使い運転は全くしません。それに加えて夫が車大事、誰にも運転させたくない派 なのでどこでも気のよく運転してくれます。(はい、女王陛下の専属運転手ってことで、キャッ!)。運転は嫌いじゃないし自分の車があるうちはよく乗っていましたが、その贅沢もやめ、すっかりペーパードライバーです。
で、今回やはり身分証明などに免許証を持っている方が、健康保険証よりかっこいいかなとオバサンは見栄を張りたいのですが、ここ最近の高齢者の事故を思うと考えてしまいます。世間的にはまだまだ次回の更新まででも大丈夫な年齢ではあると思うのですが。やはりね。
持っていたって運転しないし、何らかの事情で運転の必要が出来たとしても緊急時とかだと、パニクったり&運転慣れしていなくて、ヨッポド危ない。そんでもって更新は止めることにしました。返納です。
夫は私より歳下ですのでしばらくは大丈夫でしょう。

高齢者の事故はちょっと考えものですよね。飲酒運転ですと同乗者も罰金など取られるわけですから、高齢者の場合もある年齢なりを決めて、「事故があった場合同乗者も同罪である」にすればいいのに。それぐらいしないと本人、その周りの人々の危機感が薄いのではないでしょうか。
地方など車社会ですと高齢者にも車が移動手段として、納得できることではないかもしれませんが、なにか手を打たないといけませんね。
この間の池袋の87歳運転の事故のあと、東京では14日でしたか、その時点で1,200人ほどの高齢者の免許証返納があったとのことです。私もそのニュースを聴いて決断しました。 「起きてからでは遅い!」

昆布醤油

f:id:nikkokisuge:20190516015105j:plain:leftもう15~6年ほど前になりますが、昆布醤油を買ったら瓶の中に細く切った昆布が入っていただけなので、こりゃなんのことはない家でも出来るじゃないかと、それ以来こうして昆布を細く切って入れています。なんとなく昆布エキスなどが入っているより「紛れもなく昆布」という感じで、まぁ気の問題ですかね。

こだま西瓜

f:id:nikkokisuge:20190516011930j:plain:left GWの前半に群馬に旅行したとき宿の夕食のデザートにすいかが出ました。えっ、もうすいかですか! ひょっとしたら去年の夏のすいかを雪の中に保存してあった?なんてありえないことを想像するくらいアホでした。というのも帰って八百屋さんで小玉西瓜が並んでいるのをみつけ、尋ねたら小玉西瓜は群馬の藪塚のものが美味しいとのこと。先日のスイカさん、こりゃまた失礼しましたと買って帰りましたが、まぁご覧の通りぴ~んと張って包丁を入れるとパカっと割れ、果汁が滴り落ちます。甘い。これですっかりこだま西瓜づいて続けて買っています。もうこれで真夏の西瓜は食べなくていいです。

春白菜と七味もやしの和え物

f:id:nikkokisuge:20190509160305j:plain:left 市販の味付けもやしを使った簡単料理。季節柄春白菜で作りましたが、冬の白菜でも全く問題ありません。
白菜を薄い短冊切りにし、七味もやしを交ぜてごま油を足して、この時は賞味期限間近のザーサイが残っていたので使い切り、テッペンに彩りとして豆板醤を乗っけてみました(もちろん粉末の唐辛子を振っても)。2~3日は保存できますよ。翌日のほうが味がしみてそれはそれで良きかなと思ったりします。白菜から水分が出ますので水分は切ってください。

どうですかねぇ~99

f:id:nikkokisuge:20190505153505j:plain:left 今日はこどもの日。晴天に恵まれお子様を連れてお出かけのご家族も多いことでしょう。
先日の絵本読み聞かせでの面白いエピソードです。読み聞かせの対象は児童館での1年生。4月ですのでできたてほやほやの新1年生。ついこの間までは園児だったのですからね。まだまだ幼稚園気分いっぱいです。この子達とは1年間お付き合いが続きまして、夏休みがすぎる頃には一端の小学生となります。
お仲間三人で手遊び、歌あそび、紙芝居、読み聞かせとその日の30分のプログラムを取りまとめの方が決めます。そのお仲間のお一人が、しかけ絵本を読みました。しかけ絵本とはページをめくるとわっ~と絵が飛び出す絵本です。大きいしかけから小さいしかけと様々あります。その時は「ぼうしとったら」。
「おとこのこのぼうしとったら」で帽子をめくるとカエルがちょこんと頭にのっていたり、「コックさんのぼうしとったら」で帽子をめくるとお料理のお皿がのっていたり、、、それぞれに子どもたちが想像を働かせて「○○!」と答えます。こういったしかけ絵本を子供は大好きです。
それで、マダムが大きな飾りのついた帽子をかぶってのページです。「おくさんのぼうしとったら」、、、、なんとひとりの子供が「アパホテル!」と答えました。 もう大人は大喝采
どうですこのセンス、将来が楽しみです! 
どうですかねぇ~、このままこの感性を失わないで育っていってくれたらなぁ~。
子供は太陽だっ! 明るい太陽だっ! 
子供たちが楽しく幸せに暮らせる世の中になりますように。

春の至仏山(残雪期の至仏山)

2019年残雪期は4/19〜5/6の期間とのこと。4/28日曜日に片品村に入り、翌30日トレッキング。鳩待峠(1,591m)からガイドさんの案内のもとスタートです。
f:id:nikkokisuge:20190502155125j:plain
右が至仏山(2,228m)、左のこんもりが小至仏山(2,162m)。至仏山百名山の一つで尾瀬国立公園に属します。至仏山への登山ルートは小至仏山が手前となりますので小至仏山経由です。春スキーも可能な山ですのでそれが目的の方も多くいらっしゃいます。我々はスノーシュー着用で雪山を楽しむのがメインでして、決して頂上を目指すわけではありません。今年のお正月に奥日光湯元でスノーシューで遊んで、夫はスノーシューづいてこの旅行を思い立ったようです。(何故って2月には既に旅行の手配をしていましたから。分かりやすいと言えば分かりやすい人です(笑))。
至仏山周辺は全域が植生保護区域の為、夏山は木道が敷かれそこを歩くのですが、残雪期の時だけ雪が3m以上積もっているので、植物に影響はないということで、ショートカットの道を歩けます。

天気は快晴。右の険しい山は燧ヶ岳です。奥に雪を被っているのが会津駒。その手前が尾瀬ヶ原f:id:nikkokisuge:20190502161802j:plain


登り始めて2時間45分で目的地のオヤマ沢田代の着きました。スノーシューも歩くには結構重く感じられ、私は結構よれよれでした。オヤマ沢田代は2,030m。439m上がりました。尾根に出ました。ここからは新潟方面の山々が見えます。谷川岳朝日岳
f:id:nikkokisuge:20190502162302j:plain

日光白根も見えます。
f:id:nikkokisuge:20190502162434j:plain

赤城山武尊山等も見えます。どれがどれやら忘れましたが(汗)。
f:id:nikkokisuge:20190502163436j:plain

このようにオヤマ沢田代からは谷川岳からぐるり180度の山々が見えます。この山々を眺めるのが目的でしたので、もう大満足です。ガイドさんが見晴らしの良い場所に長方形の穴を掘ってくれて、そこに脚を入れ座りお昼にしました。「今日の山も良い」とガイドさん。本当にそれが感想ですね。

このように新雪を好きに歩いて良いと言われて、歩き慣れないスノーシューも軽やかに感じ、柔らかにずぼっと沈むのが脚に優しいです。
f:id:nikkokisuge:20190502165130j:plain

登りの出来ている道を歩くにはスノーシューでなくてアイゼンでいいんでないの、と他の人は圧倒的にアイゼンだし、、、と重く歩きにくいスノーシューを恨みに思いましたが、下山の人の踏んでいない新雪を踏みしめる快感。こりゃスノーシューでなければのと、ころっと態度が変わる私めであります。下山で初めてスノーシューの意味が分かった次第です。楽しみながらの下山。1時間半位でした。

壮大な風景と春の雪山を堪能できまして、案内してくれたガイドさんに感謝です。