うちの4連休 2

 20の日曜日は京葉道路の幕張サービスエリアの産地特産の野菜を買いに行きました。近所の商店街の八百屋さんや魚屋さんはお休みなので買い出しに。この頃はサービスエリアに道の駅的な販売コーナーがあって、それが楽しみです。どっさり買い込んで、ただそれだけで引き返す。千葉産の茹で用の落花生が安く手に入りました。大粒で柔らかく美味しいです。


f:id:nikkokisuge:20200924121707j:plain:left 21日の敬老の日は孫もいないし、まだ祝い金を貰える歳には至ってなく(何歳から貰えるの?)、なんの恩恵もないうちらは両国巡りに出かけました。俳句の仲間内で吟行しようとの提案があって、相撲観戦のついでに下見に行ってよと頼まれて。しかし当日は相撲のことで頭がいっぱい。下見は行けませんでした。老いのオバサンは一日に二つのこと出来ないの。で、この日に行ったわけです。はい、約束は守る女なんです!
回向院、吉良邸跡、芥川龍之介生育の地・・・・・そして旧安田庭園。それにつけても我が家同様MAP片手に中高年の多いこと。
写真は何処の相撲部屋か忘れてしまいましたが、やはりほとんどの部屋はビルになり、上階は賃貸にしているのか、ビル経営が盛んで、みんな大家さん。


f:id:nikkokisuge:20200924123045j:plain:left 22日は4連休最終日、とかなんとかいっても言ってみるだけ。毎日が土日なんで。多摩川土手を歩きに行きました。少年野球やサッカー、ラグビーや釣りと子供も大人も秋の日を楽しんでいました。川風は涼しく気持ちの良い半日でした。
やっぱり子どもたちは元気に外で駆け回るのがいいですね。そんな子供たちに声をかけたくなりますが、今どきはそれも憚れて。土手の桜の木の葉はちょっと赤くなりかけ、桜紅葉の季節は意外と早くやってくるかもですね。

うちの4連休

 毎日が土日のような暮らしには、4連休ったってどうも変わりはしませんが、一応夫は細々と仕事を続けているんで連休と呼ばせていただきます。
どこかへ出かけたくてもまだ憚れる東京。ひとまず都内でお出かけしましょ。19日土曜日は世田谷にあります『静嘉堂文庫美術館』で「美の競演」静嘉堂の名宝展を観に行きました。静嘉堂は茶道具も多く所有しています。曜変天目茶碗「稲葉天目」は国宝です。これで二度目に拝見いたします。本当に美しい。今回特別出品で所有とはいえ、いつも観られるわけではありません。こういう機会を逃してなるものか!
静嘉堂文庫のPH「展示作品の紹介」より引用させていただきます。

>>f:id:nikkokisuge:20200922145623p:plain<<


静嘉堂文庫の玄関に大きな銀木犀がありまして、スタッフが銀木犀の花が今朝開きましたと教えてくれましたのでパチリ。金木犀に対して銀木犀。花は白いのが特徴と言いますが、、ちょっと黄みぽいです。小さな可愛い花でほのかに甘い香りがしました。

f:id:nikkokisuge:20200922142934j:plain



静嘉堂文庫をあとにして、歌舞伎座の裏にあるひもかわうどんを食べたくて銀座方面に向かいました。道中車もいっぱい走っています。銀座も人がいっぱい。中国人の観光客がいなくてもいっぱい。みんな出てきているのね。うどん屋さんも席を少なくしているから待つこと1時間。これを食べるために来たのだから、じっとおとなしく待ちました。待った分だけ余計に美味しく感じました。
この日のニュースでは新幹線、飛行機、高速道路の混雑ぶりを伝えておりましたが、やはり出かけたいですよね。政府から東京出入り禁止というわけでもなさげで曖昧ですもの。春から夏にかけて故郷には帰れませんでした。この年末年始はまた外出の規制が掛かるかも知れません。「行くなら今!」の気持ちを抑えられないのはよく分かります。

国が経済とコロナとの共存を決めたのだから、私達もそれなりの覚悟を持って生活していかなければなりません。コロナ対策をしっかり行って出かける。確かに若い人たちはエネルギーがあって大声で喋る。それが嫌なら私達年寄りはそういう所に近づかなければいい。
知人が言っています「お気に入りのお店が潰れないくらいには出かけないとね」。閉店を余儀なくされた店主は言ってました「好きなお店があるなら、今、お店に行ってやってください」

大相撲九月場所観戦

f:id:nikkokisuge:20200915145727j:plain:left  一度観ておきたいと昨日の二日目国技館へ行ってまいりました。今ですとチケットが手に入りやすいらしいので。升席一人席、オンラインの抽選優先予約で入手できました。日にちを希望できるので、さすが二日目から横綱も休場しないでしょと、昨日にしたのですが。あてが外れてふたりとも休場じゃん。もうこの二人の横綱はいらんわ。今までの功績は認めますが、潔く進退を決めてくださいませ。プンプンプン!
 しかしこの升席4人はどう考えてもきついですよ。江戸時代のまんまの大きさでしょうか。今どきの日本人には合っていない。どうみても二人で丁度。
 テレビで見ると国技館も大きく見えますが中に入ると想像よりこじんまり。二階の椅子席でも十分観られるのではないでしょうか。声援は遠慮して皆さん大人しい大人の観戦です。贔屓力士の応援タオルを声援の代わりに。
初めて知りましたが、懸賞をかけた会社の名前はちゃんとかけた本数分アナウンスされるんですね。NHKでは放送されないところが新たな気付きでした。
懸賞と相撲好きの高須クリニックの院長さんは、この日観戦に来ていて人気者ですよ。皆さんから写真を請われていました。懸賞で名前がアナウンスされると観客から拍手が起きて手を上げて応えていました。それはそれでおまけの楽しさ。
大男があんなに揃うのを目の当たりにするのは壮観でした。


f:id:nikkokisuge:20200915151400j:plain:left 私の席は東の9列目。席は自分で選べれなくてコンビニで引き換えて初めて知るのです。ちょっと残念でした。玉鷲は西なのでまぁ、土俵に上がっても背中とお尻しか見えないということはなく、ちゃんと顔が見えたから良かったかな。
玉ちゃん、うっ~。朝ちゃん、うっ~。照ちゃん、うっ~。 
玉鷲も朝の山も照ノ富士もみんな負けちゃいました。
せめてもの慰めに玉鷲も戴いたことのある賜杯を撮しておきました。

贔屓目に見て良々と負角力

ランチ会

 友人3人と会うのはもう6ヶ月ぶりです。ここまでコロナに感染することなく過ぎてきました。いつまでも閉じこもっていてはと、お昼を一緒しました。レストランの選定の一番はとにかく空いていること。仲間の一人が選んだのは有楽町交通会館の回転展望レストラン。えぇ~渋いねぇ~。まだやってるんだ。行ったことありません。
昨日行ってきました。早昼で11時、私達の他に1名だけ。友人曰く「ねぇ~ガラガラでしょ」確かに。空いているからと言って、東京會舘経営なのでお料理は問題ありません。15階にあるのですが、今や高層ビルが立ち並んで視界は塞がれますが、オープン当初はきっとすっきり見晴らしも良かったでしょうね。何年前になるのかしら? 
そうこうしているうちに段々お客さんも増えてきました。でもテーブルとテーブルの距離は大丈夫。平日の昼間ということもあって圧倒的に婦人客。しかし、中にはお仕事でランチ接待と見られるグループもいました。
 久しぶりに話もはずみましたが、大声にならないよう気は使いますね。それでも楽しかった。我々年寄も少しづつ少しづつコロナとの共存に慣れていかなければと思った次第です。

どうですかねぇ~117

 安倍総理が辞職して世の中ザワザワしていますね。安倍さん、好きではないけれど、しっかり解決してほしかった問題は多々ありまして許すわけではありませんが、難病で辞める人の背中に罵詈雑言を投げるのは好みません。
それより又もや密室的な総裁選で、こっちが問題だ。通常の総裁選だと時間がかかると言ってますが、安倍さんは後継者が決まるまで総理を務めると仰ってるのですから、時間かかってもいいんでないの。
 どうも匂いますよね、というか見え見えの石破さん外し。反安倍の石破さんがなれば有耶無耶にされた問題が取り上げられちょっとは自民党も、、、とかすかな期待を持っていたんですが。河野さんも言い含められて。
 何れにせよ、老獪な高齢者議員はとっとと辞めていただき、若い人に譲っていただきたい。でなければ変わりませんよ政党も。
どうですかねぇ~ ちょっと書いちゃいました(ぺこり)。

素麺大好き

 今日は気圧の変化で曇空で気温は低く過ごしやすいです。連日の猛暑で散歩をとても行く気はせず、ずっとご無沙汰でしたが、今日ばかりは行かないでどーすると朝散歩のいつものコースを歩きました。なんかこうすっきりしました。その運動不足を解消するため、家の中で第一第二ラジオ体操(かなりしっかり)・筋肉体操・ストレッチと谷本道哉さんのヤハヤハ筋肉元気体操を日替わりで午前午後とやっています。リビングのテレビの前にヨガマットを敷いて。夫に「ヨガマットの面積で暮らしている」と言われています(笑)。はい、夜は夜でテレビを見ながら横になって居眠りするんで(夜はヨガマット片付けていますが)。



f:id:nikkokisuge:20200901140059j:plain:left 我が家の素麺は氷水につけないで、冷水で洗ってザル仕様で食べています。この方が麺が伸びなくていいような。
なんだかんだと行っても秋はやってきます。今年はあと何回素麺をたべるかなぁ~と素麺を惜しんでいます。

リモートワーク

 先程ラジオである企業の役員が話しておりました。リモートワークになって実力のある人ない人が、はっきり分かったと。つまり部下は上司におべんちゃらを言うこと出来ない。上司は部下に威圧的になること出来ない。で、本当の実力の持ち主が、仕事のできる人が、分かったと。なるほどね、ゴマすり、パワハラが出来ないもんね。ある一面ではあるかもですが、一理ありそうな。ゴマすって出世はできないちゅうことですわね。ちょっと可笑しい。