西沢渓谷トレッキング ~~紅葉の始まり~~

f:id:nikkokisuge:20181015144603j:plain
連休の最終日10/8(祝・月)山梨県笛吹川源流部にあります西沢渓谷に行きました。前回は7年前になります。屋久島の縄文杉へのトレッキングの練習として行った所で、我々のトレッキングにはまるきっかけとなった場所です。
生憎の曇り空で靄がかかっておりましたが、山はうっすら色づきが始まりだしていました。

コースはガイドマップの通り数種の滝を眺めながら渓谷を一周します。
f:id:nikkokisuge:20181015154635j:plain


ハイキングコースとなっておりますが、はっきり申して登山です。急な上り下りはありませんが、川沿いに鎖場もあり、岩場もあり油断は出来ません。ただし鎖場といっても崖っぷちを歩くわけではなく、道も整備されてますので安心して登れます。難儀なコースではありませんよ。
f:id:nikkokisuge:20181015155233j:plain


滝の名所でもありますので滝の写真をば。滝の名前は、、、、どれがどれやらですが、時間軸で追うと、三重の滝とその豪快な流れ。
f:id:nikkokisuge:20181015155608j:plain


恋糸の滝&竜神の滝。恋糸の滝は他の滝に比べると誠に糸のように何本もの筋となって落ちています。そうざます、恋は儚く今にも切れそうなものであるのでごじゃります。
f:id:nikkokisuge:20181015160018j:plain


渓谷の最後に控えるメインの滝は、七ツ釜五段の滝です。なんだか歌舞伎の演目のような名前ですね(笑)。やはり見応えのある滝です。角度と場所を変えて2枚。好天気ですとコバルトブルーがもっと鮮やかなんですが。
f:id:nikkokisuge:20181015160320j:plain


この滝を上がったところにトイレもあり、広くはないですが休憩できる場所もあります。ここで昼食。新米で握ったおにぎり、ことのほか美味しゅうございました。2個ぺろりです。登山には塩きつめがいいです。汗をかくので塩分補給。


f:id:nikkokisuge:20181015161514j:plain:left下山は旧森林軌道を行きます。木材を運ぶトロッコ跡です。ところどころこうして線路が浮き出ています。歩くのに危険なことはありません。昭和8年から昭和40年まで利用されたということです。ひたすらトロッコ道が続きますが、なだらかな下りですので膝等に負担はないです。1時間近くこんな感じの道なので景色に変化はなく飽きてきます。こちらからは登りたくない道です。往路の渓谷沿いの道は岩場も多いですから下山には危険です。1周のコースはちゃんと考えられたコースですね。

そんな退屈なコースでも喜びが。紅葉している山が見られました。山の一部ですが、全山これ紅葉を想像しますと、それは見事でしょうね。我々は紅葉の最盛期の混雑(すごいらしい)をあえて避けて来ましたので、これはちょっとご褒美を頂戴したということで。
f:id:nikkokisuge:20181015164326j:plain


1周約4時間でした。朝の8時前に登山し始めましたので下山は12時過ぎ。渓谷入口にあります不動小屋で、亭主自ら採ったキノコ汁、これまた自家製の刺身こんにゃくをいただく。珍しいキノコも入っていて説明を受けましたが、名前は忘れました。なめ茸のような小さく丸いキノコでした。松茸は残念ながら、、、無し。刺身こんにゃくは、こんな美味しいのは初めてと言うくらい、ぷるんぷるんでこんにゃく特有の臭いもなく、無添加だからか雑味もありません。お土産に買って帰りお隣にお裾分けしましたが、美味しいと喜んでいただけました。
これまたやはり手作りの草餅は香りが高く、こんなの初めてぇ〜です。ヨモギをけちっていません(笑)。亭主、良い仕事をしています!

再びのハズキルーペCM

あの渡辺謙さんのCMを扱き下ろした記事を前に書きましたが(謙さんファンの方にはスミマセン)、今度の新しいCMもどうでしょうねぇ~。小泉孝太郎さんは好きなのでいいんですよ。彼は小泉純一郎元総理・元自民党総裁の息子というだけで好まぬ人もいるかも知れませんが、以前彼が物事に対して自分の意見を語るでしたか、それぞれの道の達人と語るでしたか、彼のパーソナリティが全面に出る番組を持っていましたが、礼儀正しく、頭もよく好印象抜群でした。それ以来ファンです。だから彼はいいんですっ!
クラブのママに扮する武井咲さんも美しくていいですよ。しかしですねぇ~、高級クラブのママが拡大鏡をしているお店に行きたいですか? お客の名刺をハズキルーペ大鏡で見て「まぁ、○○様、ようこそいらっしゃいました」と言われて嬉しいですか? いくら新色とはいえ美しいママが拡大鏡をしているお店に行きたいですか?  セレブな客と高級クラブママとの話題が1万円の拡大鏡かッ、、って、小さくないですか、月旅行の話ならともかく。。。
舘ひろしさんも出して、小泉孝太郎武井咲だけでは心配だったんですかねぇ~。 もう、笑うしかない。


~~~~~~~~閑話休題

f:id:nikkokisuge:20181007150914j:plain:left保存にんにくオイルです。にんにくの臭いは軽めとなります。にんにくの皮を剥いでサラダオイルを注ぐだけ。にんにくを都度剥いでスライス の手間が省けます。その度に包丁や俎板、手が臭くなるでしょ、それが避けられます。炒め物に便利です。サラダオイルを足して足してすれば1ケ月は軽くもちます。最後ににんにくは茶色くなりますが、それが目安で新しく作り替えます。もちろんそのにんにくも使えますよ。

児童文学にはまりだした

幼児・児童にボランティアで読み聞かせをしておりまして、読む絵本を選びに図書館に通っています。そのついでに単行本など借りておりますが、このところ時代小説にハマりまして朝井まかてさん、畠中恵さんの小説を1年ほど読み続けてきましたが、さすが飽きてきた。

f:id:nikkokisuge:20181007110403j:plain:left 絵本の並ぶコーナーには児童文学書も並んでおります。ペラペラとページをめくっておりますと字は大きい、かなもふってある(どんだけ漢字読めないんだ!)で、この高安陽子さんの「ムジナ探偵局」を借りてみたのですが、それが面白い。1巻に2~3話の短編で簡潔明瞭、登場人物も多くなく「えっ~、この人誰だっけ?」とページを戻らなくても大丈夫。7巻ありますので全巻読んでみるつもりです。サクサクとページが進むのは快感であります!
だんだん幼児帰りしていくのではないかと、、、、不安でもありますが(笑)

どうでもいいことですけど…

この間の台風24号は風の音が強く夜中寝れませんでした。そして今日の真夜中、地震速報のアラームで飛び起き、12:30頃でしたか、もうそれから寝付けなくて朝の5時頃から2時間ほど眠りました。そしてまたもや台風ですか。もういい加減勘弁して欲しいですね。

話は変わりますが、炊事用のゴム手袋を使用してますが、ゴムといいながらだんだん縮んでいくんですよ。ゴムといえば締まりなく伸びていきそうなものなのに。ゴムでも手袋のゴムは違うゴムなんですかね。品を変えメーカーを変えてもみんな縮みます。私にとってゴムが縮むのが不思議で仕方がありません。まぁ、どうでもいいことですけどね。
大体において劣化が早く長持ちはしませんね。ちょっと尖ったものにあたって破れますしね。裏返して指の先まで洗うの大変ですから、そのうち臭くなるし。
安倍新政権も縮むか伸びるか綻ぶか臭くなるか、、、あら、失礼。ゴム手袋と同じにしちゃった。ごめんあそばせ。

片山さつきさんのあのヘアスタイル止めてもらえませんかね。60近くなってクルクル肩までヘアはいただけません。スマートウーマン風にキリリとしてもらいたいです。別に宝塚の男役になれとはいいませんよ、それもなんですから。個人的に女性誇張ベタベタヘアは嫌いなんで。まぁ、どうでもいいことですけどね。すみません。

どうですかねぇ~95

ちょっと呆れてしまいます。
ラグビー東芝の浅原選手、日本代表の合宿が始まって招集されているのに体調不良で不参加。怪我でもしたのかな~と思っていましたが、23日真夜中府中の路上で酒に酔っ払って仰向けに寝てしまい、駐車していた車が気が付かずに発進し下敷きになったそうな。すぐにその車の運転手が気が付き110番
近くにいた東芝のリーチ・マイケルら選手が車を持ち上げて救助。腹部に軽い怪我程度で済んだそうですが、バカか君はぁ!。酔いつぶれるほど飲むな! そして路上で寝るな! さすがラグビー選手の体は屈強と笑って済ませるもんではないんだよ(ちょっと、呆れおかしいけれど)。命を落とす危険性もあるんだよ! 連帯責任に発展する恐れもあるではないか! これは深~く反省してもらわなければの。 傷は軽くてもしばらく謹慎して代表は諦めなさい。どうですかねぇ~、、、でしょ。

相変わらず貴乃花親方は面倒くさい人ですわ。この問題片付いているものと思ってましたが、まだだったのね。協会と親方、どっちにも言い分はあるでしょうが、オバサンからみると、貴乃花の「育児放棄」に思えるんですけど。弟子たちを「子供と思っている、親と思っている」というならちゃんと面倒みなさいよ。実の親から預かってるんでしょ。途中で他の親方に任せるな。どうもね、自分の理屈を通すだけのガキに思えてならんです。改革はいいことです。しかし組織人としての進め方があるでしょ。
相撲界も一般常識・良識が足らんではないですか。もっと学びなさい。世間に出て通用するくらいの知識・教養を身に付けなさい。シコ踏むのも大切だけれど、夜間学校に通うとか、協会内で勉強の場を設置するとか。(ひょっとしてあるのかもしれないけど)。相撲取りを辞めたらちゃんこ鍋屋か格闘技家になるだけとかでは狭くないですか、世界が。相撲の技ばかりでなく社会に通用する人となりを導くのも協会の役目でございます。
どうですかねぇ~、、、。偉そうなこと言って、どうもスミマセン m(_ _ )m。

2018年9月の俳句

逆上がり苦手でありて秋茄子 (さかあがりにがてでありてあきなすび)

曲がり茄子を見ていて小学生の自分を思い起こします。全く逆上がりが出来ませんでした。季語:秋茄子(あきなす、あきなすび)


残照の端にはみ出る鶏頭花 (ざんしょうのはしにはみでるけいとうか)

近くの家の庭に咲く鶏頭。それは見事な大きさ、色艶。西日の傾げでだんだん当たらなくなっていきました。残照は本当は夕焼けにしたかったのですが、夕焼けは夏の季語。季重なりになるので。季語:鶏頭花


父と子の黙してジャズの夜長かな (ちちとこのもくしてじゃずのよながかな)

男同士、酒酌み交わす夜もありますが、ジャズに聴き入る夜もあって。季語:夜長



f:id:nikkokisuge:20180925141911j:plain:left
零余子飯塩ひとつまみの旨さかな
(むかごめししおひとつまみのうまさかな)

零余子はヤマノイモの蔓になる肉芽です。もっちりほっこりして美味しい。

炊く時に塩を忘れてはいけませんね。季語:零余子飯



f:id:nikkokisuge:20180925150411j:plain:left
日や風を透かし透かして虫鬼灯
(ひやかぜをすかしすかしてむしほおづき)

虫などに食われてレース状になった鬼灯の袋。赤い実が見えてこれまた風情がありますね。季語:虫鬼灯

入れ墨(タトゥー)のこと

日に日に海外からの観光客が増え。また来年ラグビーW杯を迎えるにあたって「入れ墨」をどう受け入れるか問題になっています。海外と日本では入れ墨(タトゥ)に対する認識、それはつまり文化の違いであって難しい問題ですね。
日本の温泉の入浴を楽しみに日本に旅行しに来たのに、タトゥをしていたため入浴を断られガックリの海外旅行者も多いと聞きます。それで日本各地の温泉地では個別に対応して入浴許可しているところもあるようです。

そもそも外国ではタトゥは装飾文化ですね。日本は南の先端諸島やアイヌ民族は入れ墨をしていました。そこまでは民族の文化であってなんの問題もなかったと思うのです。世は移り衣服を着ていると仕事の妨げになる鳶や飛脚の間で、かといって裸は恥ずかしいからと衣服を着ているように入れ墨をしたいうことですよ。なので入れ墨って背中だけではなく、胸側にも着物を羽織っているように(今で言うボレロのように)彫っていますもんね。
そこまでは良かったんだけれど、それが侠客へと浸透し、やがて侠客のものになってしまった。それで数世紀来ているわけですから日本人の感覚としては入れ墨(タトゥ)を嫌うようになったのは仕方がないですね。
以前立ち寄り湯で背中上半身総入れ墨の女性を見ました。きっと受付では腕や指でない限りスルーされたんでしょう。そりゃ見事な入れ墨でしたが(笑)、やはり異様でした。ゆっくり湯に浸かる気分ではなく皆さん見ないふりして早々に上がりました。

海外では日本の入れ墨文化を最近は理解していただいているようで、世界ラグビー協会も入れ墨を隠すようにと通達があったようです。どこまで浸透するか疑問ではありますが。日本人はラグビーやサッカー、その他のスポーツ選手のタトゥを見慣れてきているせいもあるからか、外国人とはタトゥ文化が違うと理解できるので、年々外国人のタトゥは許している気がします、私の場合。しかし外国人はいいけど日本人はイヤ!という勝手な意識はあります。ちょっとそんじょそこらで解決する問題ではないですね。