RWC 決勝戦 イングランド対南アフリカ

遂にこの日がやってきました。9/20に開幕したラグビーワールドカップ2019日本大会。暑くて暑くて熱中症を気にしながらのスタートも11月に入り気温もぐ〜んと落ちてきました。約1ヶ月半、日本の飛躍的な活躍もありずいぶん楽しませてもらいました。
そしていよいよ北の雄 イングランドと南の雄 南アフリカの決勝戦。少し早めに横浜スタジアムに行きましたが、もうわんさかの人だかり。あっちでもこっちでも人だかり。外国人はコスチュームにこだわりますねぇ〜。仮装好き。お祭り好き。目一杯楽しもう!が徹底してますね。それとなんで外国人はハチマキが好きなんでしょう。あちらには鉢巻文化がないからでしょうか、おおかたの人は巻いています。

f:id:nikkokisuge:20191104135702j:plain


試合内容はすでにご存知と思いますので書きませんが、32-12で南アフリカの勝利。イングランドは不完全燃焼に終わりました。それだけ南アフリカが強かった。日本を負かしただけあって(笑)。南アフリカは3度目の決勝進出でそれら全て勝利。ここ数年は低迷していて1年半前に今のラシー・エラスムスHCに替わってめきめき調子を上げてきたそうです。1年半でチームを世界一に持って行くなんて、たいしたHCですね。エディーさんは4年掛かったというのに、なんてこれは意地悪。ご免なさい。そもそも南アの選手は底力があったからでしょう。


f:id:nikkokisuge:20191104141219j:plain

準優勝のイングランドはメダルを拒否しているかのように首に掛けてもらうを拒んだり、掛けてもらってもすぐに外したり、悪い印象として話題になっております。気持ちは分かるけれど、、、ちょっとね。その悔しさは次のRWCで返せばいいのに。
4位のウエールズなんて何ももらえずに、3位のニュージーランドのメダル受賞を黙って見ていたんですから。こりゃウエールズの方が大人だわ。


f:id:nikkokisuge:20191104141722j:plain

南アの黒人のシヤ・コリシ主将は国歌斉唱の時叫ぶように歌っていましたね。いろんなものを背負って戦っているのですね。勝利後のインタビューでもそんなことに触れていました。コリシ主将は記者達にも丁寧で礼儀正しいと評判とのこと。

私はきっちりラグビーロス。気のゆるみか風邪の症状も。
   閉幕にラグビーロスと喉の腫れ


RWC2019世界最薄チャレンジ(最薄ジャージ)で有名な森山漠さんのツイートの写真です。漠さんはラグビーファンにはお馴染みでトップリーグの試合でも、応援するチームを描いた最薄ジャージ姿(ボディペインティング)で皆を楽しませてくれています。

f:id:nikkokisuge:20191104145220j:plain


そうですね、次回のフランス大会に思いを馳せて、ロスになっている場合じゃないか。
そして先ずは1月から始まるトップリーグの応援を!

丸ごとキャベツの保存法

f:id:nikkokisuge:20191030151247j:plain:left キャベツを丸ごと買っても老夫婦二人では大体使い切らずに傷んでしまいますが、どこであったか忘れましたが、保存方法が紹介されておりまして、やってみましたところ、皆さんにオススメできる方法です。
芯をくり抜いて(そんなに深く切り抜かなくても大丈夫)、その穴に水を含ませたキッチンペーペーを詰めておくのです。ビニールやラップで包んで(私は新聞紙で覆ってビニール袋にいれます)、冷蔵庫保存。少しづつ使ってその時ペーパーを取り替えますが、1周間はパリパリ新鮮なまま保存できますよ。

RWC 準決勝戦

10/26土曜日は、イングランドニュージーランド。事前では事実上の決勝戦と言われていました。接戦の白熱した試合であろうと、そして分はニュージーランドとおおよその予想でしたが、試合はやってみないと分かりませんね。引き出しの多いイングランドと言われることを実証。強靭なスクラムラインアウトの仕掛けは常に変化、前へ前へのディフェンスと、優位に立ち続けました。こんなに何も出来ないニュージーランドを目にしたのは初めてでした。19-7でイングランドが決勝へ。

f:id:nikkokisuge:20191028120551j:plain:left ご機嫌なイングランドのサポーターと夫はそれぞれのジャージを交換。席についたときからこのおじさまは、後ろの席から夫の背中をちょんちょんと突き、このジャージは何かと尋ねていたようです。この釜石鵜住居復興スタジアムの記念ジャージが殊の外お気に召したようで、試合が終わって交換となりました。記念ジャージが海を渡ってイングランドで着てもらえるのも嬉しいことです。


翌10/27日曜日は、南アフリカウエールズ。お互いペナルティゴールの3点を積み重ね、トライも1つづつと地味な試合でありました。16-16の後半35分、南アフリカはモールを押してウェールズの反則を誘い、SOポラードの4本目のPGで19-16とリード。常にリードされて3度も追いついて同点にしてきたウエールズも力尽きて反撃叶わず、南アフリカが決勝へ。
こういうトライ合戦ではない試合、ジリジリとした試合運びは通好みの試合であるとか。うちらは通ではないのが判明したのでした(笑)。

よって11/2土曜日の決勝戦イングランド南アフリカイングランドアイルランドのサポーターの応援は結構にぎやかでよく歌を歌います。昨日は近くにウエールズの応援が少なかったからか、やかましいとは思いませんでした。隣や近くの南アフリカの応援も上品だったです。イングランドの応援に対抗して、南アフリカの応援も決勝戦こそはにぎやかにやってください。いやいや場所の違う席ではブブゼラが鳴って賑やかだったかな。会場へ行く途中の道では吹いていましたからね。
そんな応援合戦も楽しみに!!

RWC 南アフリカ強し!

10/20味スタで行われた準々決勝の日本の相手は南アフリカ。テレビ観戦です。
南アフリカ強かったですねぇ~。スクラムに自信のあった日本、プール戦のアイルランドスコットランドは何だったんだと思うほどに、スクラムでモールで南アフリカにただただ劣勢に追い込まれました。 フォワードが機能しないとバックスに回ってこないので、松島や福岡の活躍の機会も少なかったですね。26-3と、日本は無トライに終わった。
f:id:nikkokisuge:20191021121808j:plain


他の準々決勝の試合を観ても、ウエールズはフランスと1点差での勝ちで苦戦しましたが、ニュージーランド、イギリスそして南アフリカはさすが強い。大きな点差で勝ち進みました。何度も8強入り4強入りを経験している国との差は歴然で、それは仕方のないことですね。初めてでその経験のない日本には、この悔しさを明日に向かう原動力に変えて前へ前へ。
8強入りが今回の目標であったのでそれは達成できました。我々もここまで連れてきてもらえました。ジョセフHC、選手の皆さん、スタッフの皆さん有難うございます。

日本のW杯は終わりましたが、まだ今週末、再来週末と準決勝、決勝と続きます。準決勝は、ニュージーランドイングランド南アフリカウエールズ。その勝者が決勝へ。ニュージーランドが圧倒的な強さを見せていますが、、、さてさてその結果は。どちらも南対北ですねぇ~。
幸いにもこの3試合はチケットが取れています。家族で応援できます。強豪の試合っぷり、仕事っぷりを楽しませてもらいます。
こういう時って、日本のジャージ着ていってもいいのかなぁ~。外国の人も自国でない試合に自国のジャージ着ていたからいいかな。ほっぺに両国の国旗のシールを貼っていこう!

RWC 日本は4戦全勝でプール一位突破 8強へ!

昨晩、横浜スタジアムスコットランドを相手に快進撃。改めて思います。日本の強さは本物だ。台風の影響で開催が危ぶまれましたが、安全を確認しての開催の運びとなりました。正直朝のテレビで被害の大きさを目にして、これは無観客で試合するのが良いのではと思いました。しかし、開催が決定となるとすみません、正直なところ血が騒ぎます。やはりスタジアムで応援したいと。

試合観戦のあと忙しいのですよ。家に帰って改めてテレビ録画を観て(ところどころこっくりしながら)、それで朝にまた見直すという念の入れよう。負けた試合はそんなことしませんが(笑)。それも初めて見るように、トライには拍手をおくり、ミスには頭を抱え、結構疲れます(笑)

28-21で勝利した試合の中で、一番感銘を受けたのはプロップ1番稲垣啓太選手の逆転トライ。稲垣にとっても代表初トライ。

f:id:nikkokisuge:20191014143644j:plain

日本のオフロードパスもここまで進化したかと思うほどに見事でした。(記憶に間違いがなければ)堀江からムーアへ1本目のオフロードパス。ムーアからトゥポウへ2本目のオフロードパス。トゥポウから稲垣へ3本目のオフロードパス。稲垣がトライを決めました。
試合後のインタビューで「代表に入って7年間で初めてトライしましたけど、慣れてないので両手でいきました」、「みんなが繋いでくれて、トライってこういう気分なんだな。一番いい舞台で一番いいトライさせてもらいました」と語っていました。
そして台風で被災地への思いも言葉にしてくれました。「台風で被災した方々に、ラグビーで元気を取り戻していただきたい。そういう気持ちで今日は試合に取り組みました」

さて、プール戦一位通過の日本は準々決勝と駒を進め、10/20に南アフリカと戦います。今や9/6熊谷でボコられた日本ではない! 
準々決勝のチケットは買っていませんでした。売り出されたのは1年半前くらいで、その時はまさか日本がそこまで進むとは思っていなかったのです。
強豪同士の試合を観たいと準決勝・決勝戦の試合は手に入れていたんですが。こうなったら準々決勝を勝ち進み、準決勝、いや決勝戦へ。
JAPAN COME ON !!

どうですかねぇ~102

台風の影響で12日土曜日の2試合、ニュージーランド対イタリア(豊田)と、イングランド対フランス(横浜)が中止になりました。横浜のイングランド対フランスはチケットが取れていたので、残念です。6Nations の2国を観られるのを楽しみにしていましたから。
12日のアイルランドサモアは福岡なので開催できそうですが、現時点では(11日午後2時半)まだ結論は出ていないようです。中止となるとドローということで2点づつ与えられる規定となっています。アイルランドは2点の上積みですと、一次通過は日本とスコットランドの結果次第。是が非でも試合をして最低でも4点積み上げたいですね。無観客試合でもいいかですから。実施して上げてほしいですね。
13日日曜日のナミビア対カナダ(釜石)、アメリカ対トンガ(花園)、ウエールズウルグアイ(熊本)、日本対スコットランド(横浜)の4試合はキックオフの6時間前に試合開催の可否を判断するとのこと。中止になった場合、気になる日本は2点をもらって一位で一次通過となります。しかし、選手は戦って決着つけたいでしょう。勝つ気でいますし、勝てる自信もあります。

今大会の天候による試合中止はラグビーW杯史上、初めてのことらしいです。日本のこの時期での開催は当然台風の影響も考慮されていたことでしょう。それがこの方法です。規定なので致し方ないですが、オバサンとしては気になるところです。

何故に予備日をもっと取って順延の方法を思慮に入れて置かなかったのか、神戸市の御崎公園競技場のドームの屋根が閉められたスタジアムを確保して置かなかったのか、そういったスタジアム、また台風の影響のない地域でのスタジアムで無観客で1日で4試合やってしまえばいいんでないの。できるでしょう。
それも選手の移動が可能な前日までに。無観客であれば観客、ボランティアの安全は守られます。選手、チームのスタッフ、レフリーだけの安全でいいわけだから。リスクは少ない。
試合を楽しみにしていた観客はそれは残念ですが、選手たちのことを思うとそうするのが良いかと。試合で決着だ! 
戦わずして敗退は辛いですよねぇ~。たとえ2点もらっても嬉しくもなんともないや。

どうですかねぇ~、順延なり代替会場の確保などの代案がぬるかったんでないのぉ~。

RWC 日本がサモアに勝利し3連勝となる!

時は10/5土曜日、愛知県豊田スタジアムのことであった。
トヨタ自動車本社の前にあるビジネスホテルにチェックインして、予約しておいたトヨタ自動車敷地内の駐車場よりのシャトルバスにてスタジアム近くのファンゾーンとなるスカイホール豊田に到着。ここについた時は16:20頃。すでにこのファンゾーンは満員で入場不可となっておりましたよ。入場できなかった人はお気の毒。遠くから来た人はえらい落胆ですよね。屋外であれば入場規制などないのにと思ったりします。

シャトルバス発着場のスカイホール豊田からはこれまたえらく歩きます。なんせね、横浜やここ豊田は歩数は往復12,000歩は軽く超えます。
ぞろぞろ歩いていくうちに豊田スタジアムが見えてきました。
f:id:nikkokisuge:20191007141427j:plain
黒川紀章さんの設計で2001年7月21日に開場。なかなかのインパクトのある外観ですね。


矢作川に掛かる豊田大橋。豊田駅新豊田駅から豊田スタジアムをつなぐ橋でデザインのモチーフは動物の骨とのこと。やはり黒川紀章さんの設計です。我々は反対側の橋を渡りましたので、独特のフォルムを写せました。
f:id:nikkokisuge:20191007143713j:plain


早く着いてファンゾーンを覗きながら行くべと計画してましたが、ファンゾーンは満員で入場不可。仕方ない開場は17:00だけど向かうしかない。開場外では色々イベントをやってましたが、この日は豊田市も暑かった。飲み物は持ち込み禁止で当然売っていない。入場を待って入ってとりあえずのビールを飲もう! ハイネケン、たけぇーとも言ってられん。
ビールにありついて席に座り、スタジアムを見渡す。
f:id:nikkokisuge:20191007144558j:plain
42,298席の収容という。球技専用スタジアムなのでフィールドが近い、見やすい。席は急勾配でちょっと怖いですが慣れてきます。スクリーンも観ないで試合を楽しめました。横浜などスクリーンを頼りにしますが、実視よりスクリーンの選手のほうが小さい(笑)。なんじゃこれでございましてよ。まぁ、それだけ遠い席(一番安い席)にいるってこってす(汗)

f:id:nikkokisuge:20191007145633j:plain
試合内容はもう皆さんご存知かと思いますので語りませんが、最後にサモアがボールを外に蹴り出して終了にしなかったのが幸いでした。サモアは男の中の男だぁ~! サモアも日本も互いにボーナスポイントの1点にこだわったのでした。38:19で日本の勝利。

f:id:nikkokisuge:20191007145954j:plain
お互いジャージを交換し合って並んで観客に挨拶してくれました。負けたサモアも清々しい顔をしてました。お互い「いい試合を出来た」と満足な顔に見えました。
サモアは12日土曜日にアイルランドとの最終試合。厳しい試合になると思いますが、今日のサモアは強かった。日本選手この3試合で一番強い相手だったと言ってます。サモアを応援しないでか! 南太平洋の国々ももっともっと欧州や南半球を驚かせてもらいたいです。

日本は3連勝と進みながらまだ8強入りとはなっていません。スコットランド(10/9対ロシア)アイルランド(10/12対サモア)の結果がこうでとああでと、ごちゃごちゃと条件がありまして、オバサンの頭では理解できん。ええぃ、面倒くさいっ。そんな他力本願は置いといて、スコットランドに勝ちに行きましょう! 4戦全勝で8強入り、一次リーグ突破だっ!!