東京文化会館 Birthday Concert

音楽鑑賞f:id:nikkokisuge:20210408143528j:plain

 昨晩4/7水曜日、東京文化会館が開館60周年のお祝いでのプログラム。指揮は佐渡裕さん。1961年4月7日「新世界より」の演奏で東京文化会館は幕開けし、その翌月に佐渡さんは生まれたとのこと。還暦祝いの公演で「新世界より」の指揮をすることになってとても喜んでいらっしゃいました。少しお痩せになったかな。後ろ姿が安倍元総理に似てるような。
メゾ・ソプラノ:藤原実穂子さん。彼女の歌声が聴きたくて待ってましたとばかりに行ってきました。藤村さんはヨーロッパに拠点を置き世界的に活躍するメゾ・ソプラノ歌手。欧米で「最高のメゾソプラノの一人」と称されるほど「声楽技術、演技力といった実力で歌劇場や指揮者に気に入られたという、いわば本場で認められた初の日本人歌手といえる。」Wikipediaでも紹介されています。
本日の歌曲は、ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集。なかなかにこの歌曲は思い切った環境で創られたものですよ。ワーグナーはスポンサーの奥さん マティルダと恋に落ちます。マティルダには詩才があり、二人の不倫の愛の詩にワーグナーが曲をつけた、、、、、いいのかっ!! 藤村さんは5曲を甘美であったり、秘めた情熱を、不安や苦悩を、歓喜を歌い上げます。原語は分かりませんが、藤村さんの表情・手振り・声の強弱で十分伝わります。

 2年ぶりくらいのコンサートでしょうか。とても充実した気持ちで帰りました。はい、今晩は寝落ちすることなく最後まで聴きました。有難うございます。

どうですかねぇ~121

 東京オリンピック開催に諸々鑑みると否定的ではあります。が、、、、池江璃花子さんの復活を目にすると、また目指して頑張っている選手たちのことを思うと、開催されるほうがいいかなと思ってしまいます。メダルを気にせずにご自身のオリンピックを楽しんでいただけたらと思います。

 筒美京平さんを偲んでトリビュートコンサートが開催されるとのこと。素晴らしい名曲の数々に酔いしれるひとときとなるでしょうね。
私ね、「木綿のハンカチーフ」の歌詞はどうも好きではないんですよ。都会に出る恋人を送り出す女の子の気持ち、よくわかりますよ。若い頃に聞いたときは同調できました。しかし、歳を取り性格がひねて来て理屈っぽくなりますと、ちょっと待て!となるんですわ。
指輪を送るといえば、そんなもんはいらないと言う。(折角の気持ちでじゃないの、もらいなさいよ。指輪を恋人と思ってキスしなさい)
スーツ着た写真を見てほしいと誇らしく送るといえば、そんなもんはいらない。草に寝転ぶあなたがいいと言う。(スーツ姿素敵ね。よく似合うわ。惚れ直しちゃう! ぐらい言ってあげなさいよ)
いよよ、別れ話がでて、涙を拭くハンカチーフを送れってか。こりゃないわ。つくづく空気読めない女の子だわ。
 どうですかねぇ~。ぼやき漫才の人生幸朗さんになってしまっていますね。もうすでにその当時に人生幸朗さんはそうお喋りしていたかもですね。
でも、私「責任者出てこい!」までは言いませんよ(笑)

洗足池流れで見つけた水生植物。なんでしょう。
f:id:nikkokisuge:20210405121544j:plain

北区 王子へ

 3/31水曜日、北区王子駅前にあります北とぴあで句会がありました。少人数・1席を空けての席配置。1年振り以上久しぶりの方もいらっしゃって、手を取り合いたいところですが、それは我慢。
スタートする前、王子は初めて降りる場所ですので少し散策してみました。先ずは都電荒川線東京さくらトラム荒川線と呼ぶらしい)に初乗車。1両編成で駅間は近く、次から次にやってくる。どっち方面がいいのか分からないので、王子より三ノ輪方面に15分位乗り、今度は早稲田方面に20分位乗ってみた。車窓からの景色はなんせ街なか、住宅の中を走るのであんまり景色に違いはなかった。車両はいろいろな形や色がありました。

f:id:nikkokisuge:20210402134310j:plain


それで、王子お住いのお仲間のオススメの飛鳥山公園に行ってみました。桜の名所だそうで、初めて知った次第です。私の住む大田区からですと端と端という感じで情報が皆無です。「桜の名所に仕立て上げたのは、八代将軍徳川吉宗飛鳥山は、明治6年太政官布達によって、上野・芝・浅草・深川とともに日本最初の公園に指定された」そうです。歴史がありますね。
もう桜は落花が始まっておりましたが、根元の丘がピンクの小山となってとてもきれいでしたよ。

f:id:nikkokisuge:20210402135044j:plain


メインは句会でしたが、ちょっとした小旅行となり久しぶりに楽しめました。しかし外出してお日様に当たる時間が短い昨今、結構疲れました。先週のラグビー観戦も3時間あまりお日様にあたって疲れること疲れること。だんだん体力が衰えていますわ。


閑話休題
コロナ、第4波かと言われていますが、2波からずーっと続いているんでないの。波を分けてもねという感想を持ちます。感染者数、東京が大阪より少ないのはただただ分母(検査数)が少ないからだけで、全てオリンピックを考慮してるわ。聖火リレーの見物には出かけないようにと言いながら、朝日新聞には今日のコースを伝えて、タレントの誰々や金メダリストの誰々が走者にとも載せています。なんじゃこれ!ですよ。

2021年 3月の俳句

相槌はあいまいなまま夕朧 (あいづちは あいまいなまま ゆうおぼろ)
 人の話を聞いてんだか聞いてないんだか、きっと聞いてないんだわ、プンプンプン!季語:夕朧。


f:id:nikkokisuge:20210330133853j:plain:left もうもうとミモザの火の手吾の胸に 
(もうもうと みもざのひのて あのむねに)
あぁ、私も20代に戻ってミモザの花をイタリア男性からもらいたいな。季語:ミモザ







f:id:nikkokisuge:20210412115425j:plain:left  ものの芽のはや影持ちて立ちにけり
 (もののめの はやかげもちて たちにけり)

 つんとしっかりした芽はその影に気が付きます。季語:ものの芽 早春萌え出る芽をいいます。木の芽というより草の芽についていうことが多いようです。






春やはる前髪切りて歩も軽く (はるやはる まえがみきりて ほのかる)

 髪を短くすると体も軽くなってスキップしたくなるような、ストレスも。 季語:春


学業に無念残して三月尽 (がくぎょうに むねんのこして さんがつじん)

 大学生、特に卒業する四年生にとっては、学校での授業も少なく心残りの一年間だったと思います。季語:三月尽 旧暦三月の晦日のことです。

ラグビー トップリーグ リコー 対 キヤノン

 3/27土曜日 秩父宮ラグビー場にて、リコー 対 キヤノンを観戦。やっとチケットが入手できました。各競技場は入場者数を大体において収容人数の50%と制限しているからか、会員先行抽選で申し込んでも当たらず、一般販売の先着順での販売にパソコンの前に陣取ってスタートと同時にポッチとやってる・・・つもりなんですが、やはりおばさんはトロイのでしょうね、買えません。ようやっとこのチケットが当たりました。やはり、日本代表の田村優がキヤノンに居るとはいえ、サントリートヨタ自動車のようにワールドクラスの選手は居ないから、競争率が低かったかな。でもいいんです! リコーの2番武井選手、キヤノンの6番エドワード・カーク選手を応援だ!! 二人の名前のボードを持って、声援の代わりに掲げます。これがなかなか忙しい(笑)

武井選手、よく動きます。タックルします。だが、ちょっとラインアウトのボールスルーには苦戦しておりました。この写真は上手く行ったとき。
f:id:nikkokisuge:20210329135739j:plain


キヤノンのカーク選手は長く怪我で苦しんでいたようですが、復活できたようです。
f:id:nikkokisuge:20210329122523j:plain(この写真はキヤノンのHPより拝借)


※ 不公平のないように二人とも後ろ姿にしました(笑)

 前半はリコーが2トライ、キヤノンが1トライでキックも決まり14 - 7 とリコーリードで折り返し。後半も武井選手がトライを決め、キヤノンも追いつきでシーソーゲームで同点となりますが、終了間際にペナルティゴールキヤノン田村優に決められ、28 - 31でリコーは破れました。
この試合で、田村優のキャプテンシーに感心しました。スクラムでちょっと押され気味になると駆け寄りフォワードに声をかけます。試合中は常にバックスにも支持を出し、駆け寄り声をかける。テレビですとそんな様子は移りませんから観戦して初めて分かることです。随分成長したのではないでしょうか。
リコーはNTTドコモ神戸製鋼キヤノンに僅差で負けています。数点で負けるのは余計に残念ですね。やはり規律を守ってPGを与えないようにしなくちゃね。リコーのキャプテンは8番の松橋周平選手。怪我でこの二試合かな、出場できてません。キャプテンとしていい選手です。残り試合に出られることを願います。

ウエールズ対フランス (6 Nations Rugby 2021)

f:id:nikkokisuge:20210322143317j:plain
 いよいよ最終節を迎えた ラグビー欧州6カ国対抗戦。全勝優勝(グランドスラム)を目前としたウエールズ。若手軍団のフランスを相手に勝利できるか、フランスは好調とはいえ今年はウエールズかなと思っておりましたが、意地を見せるフランスは退場者を出しながらも、ブリス・ドゥラン(Brice Dulin)が終了間際に信じられない逆転トライを決め、32-30でウェールズグランドスラム(全勝優勝)を阻みました。フランスは1名のレッドカード。ウエールズはラスト10分で2名のイエローカード。こんなにカードが乱れ飛ぶ試合は珍しい。前半のウエールズは規律を守って試合を運んでいたのに、後半は規律が乱れてしまいました。

 この黒星でウエールズの全勝優勝はなくなりました。フランスはイングランドに負けて1敗。そして26日に延期になっていたスコットランド戦を行い、ボーナスポイントを獲得して21点差以上で勝てば優勝となるそうです。2021年のイングランドは全く振るわずフランスとイタリアに勝っただけで2勝3敗5位です。最下位はもうずーっとイタリアです。60数連敗だそうです。他の5カ国とあまりにも力の差がありすぎます。解説者のイングランドの不調が話題となって「5位って最下位と言っていいですよ」と言ってましたが、イタリアを念頭に入れていないぐらいイタリアは弱い。それはイタリアに失礼でしょうと思いますが、全くそのとおり。


f:id:nikkokisuge:20210322150105j:plain:left あんまり他所の国を悪く言っても何なので、、、、イタリアの期待のかかる若い選手を紹介。フランコ・スミスヘッドコーチも彼を絶賛しています。自ら切り込んでトライもあげるし、頭脳的なプレーで魅了します。まだ21歳と大いに期待できる新人です。

お点前 YouTube でお稽古

 お茶のお稽古はこのコロナ禍で休止となり、感染者数の落ち着いた去年の10月に1回あったきりでご無沙汰です。先生が高齢ですのでそれは致し方ないこと。毎月リモートレッスンで課題を出されまして、それについて学び質問する形態が続いております。先生はさすがの茶人でいらっしゃいまして、課題はお点前に限りません(動画のレッスンは社中は無理なので)。お軸の短歌や俳句の読み上げの勉強もあります。これは書道の心得がないので全く駄目です。変体仮名(これがわからないと古い歌も文章も読めません←先生)、漢字の当て字、これは更に厄介です。

f:id:nikkokisuge:20210319122457j:plain 

一晩、頭をフル回転させましたが、誰でも読める「むかし・誰・桜・うへて・○野・花の山となり」しか分かりませんでした。

昔誰かかる桜の種うへて
芳野は花の山となしけむ

だそうでございます。松平不昧公の歌です。昔は吉野にお参りに行く時に桜の苗を担いで行ったとのこと。それが吉野が桜の山となった由縁だそうです。

 茶道を趣味としている者にとって茶会やお稽古が出来ないのはとても寂しいです。本当に今は有り難い世の中でして、YouTubeでお点前の動画をみておさらいです。そのYouTubeの中でノルウェーの男性があげていらっしゃる動画。お点前の動作がとてもきれいで、好んで観させてもらっています。茶室も家族や友人の手を借りての造り上げたとのことですよ。今回のご紹介は茶室から出て、雪の多いノルウエーらしい「野点 雪見」をトライされてます。外国の方ならではの発想で楽しく拝見しました。